ぼくのなつやすみのよてい

学生時代にバックパッカーをしておくべきだったと30歳を超えて気づきました。初めての海外は、大学卒業後のインド。懲りてしばらく海外に行かなくなりました。英語コンプレックス。東京の田舎育ち。2016年6月、初めての一人海外旅行は台湾。2016年10月、2度目の一人海外旅行はイラン。 語学力がなくても何とかなることに気づき、そこからよく海外に行くようになりました。 リュックだけ持って、LCCで海外にいく弾丸海外旅行スタイルが好きです。 2017年の夏休みはアフリカ(ガボン、トーゴ、ベナン)に行きます。

【2017年夏アフリカ旅行、ガボン滞在】ホテル到着から初レストランまで。

ホテルに着いたものの、どこに行っていいものか途方にくれる。イマイチ見所がない気がする。
旅行時だけの積極性を活かし、フロントに突撃。どこがオススメですか?怪訝そうな顔をして、プレイス?パレス?みたいな感じで聞き返して来る。とにかくオススメはどこ?ベストは何?と繰り返すと、何となく理解されて、eating?とか言ってきたので、yes!と言う。どんな料理と聞いてきた感じがしたので、ローカルだ!と言う。本を見て探してくれてるみたい。電話もしてくれた。どこかのレストランを探してくれて、そこはユーロ払いになると言う。値段は高くないかと聞けば、8ユーロから53ユーロだと言う。f:id:narikoba:20170902233447j:image
1445タクシーが迎えに来る。

f:id:narikoba:20170902233408j:image

f:id:narikoba:20170902233419j:image10分ほどして店に到着。4000フランを払う。店に入るが、ガボン料理の店じゃないっぽい。

f:id:narikoba:20170903033921j:image

釜とかあるからイタリアンっぽいと思っていたら案の定、ピッツァリア的な文字がある。

f:id:narikoba:20170902233522j:image

定員に、ガボン料理は?と聞くと、近くの店であるけど、そこは6時からだと言うではないか。とりあえずビール頼む。

f:id:narikoba:20170902233453j:image

メニューを見るがどれも高い。

f:id:narikoba:20170902233500j:image

f:id:narikoba:20170902233504j:imageパスタとかピザとかばっかりで1500円くらいはしている。仕方がないので、ハンバーガーを頼んでみることにする。

f:id:narikoba:20170903033913j:image普通にうまかった。、