ぼくのなつやすみのよてい

学生時代にバックパッカーをしておくべきだったと30歳を超えて気づきました。初めての海外は、大学卒業後のインド。懲りてしばらく海外に行かなくなりました。英語コンプレックス。東京の田舎育ち。2016年6月、初めての一人海外旅行は台湾。2016年10月、2度目の一人海外旅行はイラン。 語学力がなくても何とかなることに気づき、そこからよく海外に行くようになりました。 リュックだけ持って、LCCで海外にいく弾丸海外旅行スタイルが好きです。 2017年の夏休みはアフリカ(ガボン、トーゴ、ベナン)に行きます。

【2017年夏アフリカ旅行、ガボン滞在】ガボン2日目のはじまり

昨日夜は、19時に寝ていた。日本からの移動約20時間、あと歩き疲れたからであろう。
起きたら朝の5時。気づいたが、マラリア予防薬のマラロンを飲むのを忘れていた。ただ、医師には、忘れた場合は二つ飲んだりする必要はなし。その後も1日1錠で構わないと言われたことを思い出し、気にしないことにする。

さて、この早朝、ここはネットでガボンのことを調べるしかない。トリップアドバイザーを使い、日本語で調べまくるが、やっぱりどこに行っていいかわからない。
残金を調べると23500フラン、約4700円くらいなので両替をした方がよさそうだ。ガボンは物価が高く、お金がないと堂々とレストランにも入れない。滞在中のホテルでは昨日100ユーロ両替しようとしたら、20ユーロしかないと言われた。どこで両替したら良いか。
0720ホテルで50ユーロ両替できた。32500フランになった。これで、所持金は56000フラン(約11000円)になった。
ホテルすぐ外のアメリカ大使館の写真を撮ったら、守衛が来て消せと言って来た。散策を続ける。この辺りは豪邸と大使館ばかり。人通りも少ない。豪邸には銃を持った人もいる。何者が住んでいるのだろう(後で知ったが、現職大統領の家だった)。

f:id:narikoba:20170903231123j:image

f:id:narikoba:20170903231143j:image
0830ホテルのフロントにタクシーを頼む。ちなみにこのホテルのフロントのおばさんは無愛想で、全く笑ったりはしない。話しかけないとこちらをみない。0835タクシー到着。おばさんがドライバーと話した後、タクシー代は3000フランとおばさんに言われた。ウィ。
0850待ち合わせ場所に到着。そう、日本に一時帰国している私の先輩上野さんが、同僚を紹介してくれたのである。本日の午前中はこの同僚の方、Yさん(日本人)に一緒に巡ってもらうことになっている。Yさんに車を出していただき、まずは市場へ。

f:id:narikoba:20170903231235j:image

f:id:narikoba:20170903231252j:image

f:id:narikoba:20170903231256j:image

ネズミのでかいバージョン(死体)がそのまま売られていて、エキゾチックを感じた。デカネズミの中に、尻尾の長いデカリスみたいなのも混ざっていた。獣の匂いも結構して鼻に付く。写真を撮ろうと思い、許可を得ようと撮っていい?みたいなポーズをしたら、なぜか烈火のごとくおばさんに怒られた。ケータイはしまえ!なぜとるのか!理解できない!そんなことを言われた気がする。なぜそんなに怒られたのかよくわからない。ちなみにガボンに来て、大統領官邸前、アメリカ大使館、そしてここと、通算3回、写真で怒られている。ちょっと傷ついた私。

その辺の人たちが、私をみてシノア、ニーハオとやたら言ってくるので、逐一、ジャポネーゼ、こんにちは。訂正しておいた。