ぼくのなつやすみのよてい

学生時代にバックパッカーをしておくべきだったと30歳を超えて気づきました。初めての海外は、大学卒業後のインド。懲りてしばらく海外に行かなくなりました。英語コンプレックス。東京の田舎育ち。2016年6月、初めての一人海外旅行は台湾。2016年10月、2度目の一人海外旅行はイラン。 語学力がなくても何とかなることに気づき、そこからよく海外に行くようになりました。 リュックだけ持って、LCCで海外にいく弾丸海外旅行スタイルが好きです。 2017年の夏休みはアフリカ(ガボン、トーゴ、ベナン)に行きます。

【2017年夏アフリカ旅行、ベナン滞在】友人のいるパラクー滞在2日目

パラクー滞在の友人から聞くに、パラクーの人口は75万人らしい。公務員の月の給与は60000、70000フラン(12,000円、14,000円程度)のようだ。1日あたり2000フラン(約400円)の生活ということだ。また、個人商店が多く、大企業はほとんどないようだ。そのようなこともあり、ベナンの経済は弱いらしい。


さて、9時に迎えに来るとのことだったが、10分ほど遅れて例の英語を話すナイジェリア人が迎えに来る。

9時半、帰りのバスチケットを買う。ATTというバス会社で、20時発のチケットを買う。7000フラン(1400円)。

10時過ぎ教会へ。

f:id:narikoba:20170910042042j:imagef:id:narikoba:20170910042107j:imageお土産ものコーナーでバオバブのドリンクやヨーグルトを買った。

f:id:narikoba:20170910042130j:image10時半教会を出る。11時半空港へ。空港内に入れたわけではなく、空港に通じる道で、遠くから眺めた感じ。旅客用では使っていないみたいだった。

f:id:narikoba:20170910042158j:image
12時過ぎ鉄道駅へ。

f:id:narikoba:20170910042223j:image

主に貨物用として使われているよう。

昼食2400フラン。なんとかっていう芋を潰したローカルフードを食べる。

f:id:narikoba:20170910042249j:imagef:id:narikoba:20170910042304j:imagef:id:narikoba:20170910042319j:image

パラクー大学を車の中から見学。大学っぽさは一つも感じなかった。

f:id:narikoba:20170910042342j:image

いよいよいく場所がなくなったので、ドライバーに任せることに。謎のバーを見学したりした。あと、孤児院に行った。

f:id:narikoba:20170910042357j:imagef:id:narikoba:20170910042421j:image二、三歳で可愛い盛り。1440友人宅で休む。日本の共通の友人等とテレビ電話に興じる。
1630車がお迎え。友人の職場へ。みんなテンションが高かった。そのあとマルシェを見学。

f:id:narikoba:20170910042444j:imagef:id:narikoba:20170910042455j:imagef:id:narikoba:20170910042505j:imageここでもドライバーがガイドを務めたが、行く先行く先知り合いがいて、マイブラザーだのアナザーブラザーだのリアルブラザーだと、同じようなボケにだんだん私の反応も鈍くなるばかり。

一旦、また友人宅に戻り、夕食。友人が作ってくれたのは、コトヌー仕入れた具材を使った和風パスタ。f:id:narikoba:20170910042541j:image

これがなかなか美味しかった。1915くらいにまたお迎え。バスターミナルへ向かう。
1930バス乗車。でも出発したのは20時過ぎ。冷房なのか外気なのかわからないが、冷たい風が直撃し続ける。喉痛いよ。風邪引いたよ。