ぼくのなつやすみのよてい

学生時代にバックパッカーをしておくべきだったと30歳を超えて気づきました。初めての海外は、大学卒業後のインド。懲りてしばらく海外に行かなくなりました。英語コンプレックス。東京の田舎育ち。2016年6月、初めての一人海外旅行は台湾。2016年10月、2度目の一人海外旅行はイラン。 語学力がなくても何とかなることに気づき、そこからよく海外に行くようになりました。 リュックだけ持って、LCCで海外にいく弾丸海外旅行スタイルが好きです。 2017年の夏休みはアフリカ(ガボン、トーゴ、ベナン)に行きます。

【2018年夏バルカン半島旅行】6カ国目、セルビア

朝6時に起きて、6時半に宿を出る。タクシーが拾えなかったので、電話でタクシーを呼ぶ。

空港までは20分くらい。空港に着いたのは7時くらいだった。

f:id:narikoba:20180913040545j:image

 

8:45のフライトだったが、結局8時間くらい遅れて16:05に出発した。

待ち時間としては10時間を超えていた。何分遅れるかも分からず、なぜ遅れているのも教えてくれない。しかも、30分刻みで予想時間を提示し、小刻みに延長していくパターンで、実にタチが悪い。こちらとしては常に時間を気にしていなきゃいけない。

だから社会主義だった国はダメなんだよ、と心の底から思ってしまった。

 

セルビアの首都ベオグラードについたのは、17時過ぎ。

SIMは空港で買えたのでよかった。が、エアビーの宿が分かりづらくて、キレた。着いたら、ベル鳴らせシステムであり、まずどこのビルが分からない。分からないぞとメール送ったが、返事がなく、先に夕飯を食べてたら、食べにいく前にチェックインしろ、ママが待っているので。みたいなことを言って来やがる。夕飯をささっと切り上げて、宿にいくと、おばさんが上から声かけてくる。

エレベーターで4階ないかとのことだが、旧式のエレベーターのため、動かし方が分からなくてキレる。

f:id:narikoba:20180913040411j:image

 

4階、日本で言うところの五階にまでいくと、おばさんがいたのでチェックイン。てめえの息子はてめえのママに任せ過ぎだろ、てめえが出て来いや、と思いながらも笑顔だ接する。

f:id:narikoba:20180913040417j:image

 

 

もう18時なので、歩いて15分くらいのところにある大聖堂に行って本日はおしまい。

f:id:narikoba:20180913040505j:image
f:id:narikoba:20180913040513j:image
f:id:narikoba:20180913040509j:image
f:id:narikoba:20180913040458j:image
f:id:narikoba:20180913040518j:image

 

ちなみに夕飯ではサルマというバルカン半島を食べた。ロールキャベツみたいなもので、中にひき肉が入っている。なぜかお雑煮の味がした。

f:id:narikoba:20180913040300j:image

 

ついでに、ラキヤというこれまた著名なバルカン半島の酒を飲んだ。

f:id:narikoba:20180913040310j:image

確か蒸留酒で、アルコール度数が強く40度くらいあった気がする。ストレートで飲むのが普通のよう。一口だけで失礼した。

 

明日は深夜便でサラエボに行くので、ほぼ一日ベオグラードにあることができる。