ぼくのなつやすみのよてい

学生時代にバックパッカーをしておくべきだったと30歳を超えて気づきました。初めての海外は、大学卒業後のインド。懲りてしばらく海外に行かなくなりました。英語コンプレックス。東京の田舎育ち。2016年6月、初めての一人海外旅行は台湾。2016年10月、2度目の一人海外旅行はイラン。 語学力がなくても何とかなることに気づき、そこからよく海外に行くようになりました。 リュックだけ持って、LCCで海外にいく弾丸海外旅行スタイルが好きです。

MENU

【レビュー】映画「香川1区」

映画「なぜ君は総理大臣にならないのか」の第二弾。

衆議院議員小川淳也の選挙ドキュメンタリー。

 

他候補を扱った分、前よりも政党色が出てしまったのは残念なところ。

また、てっきり小選挙区で当確でるシーンがピークだとおもってたら、20時直後の「自民が過半数割る」とのニュースで事務所が盛り上がり過ぎてしまい、ほぼ勝利の騒ぎになってしまったことで、直後の本人の当確が盛り上がり切れていなかったのが残念。

しかも、実際のところ、自民の過半数割れの見通しは誤りで、むしろ自民が絶対安定多数とる選挙だったのに、映画的にそれにふれていないのは致命的なミス。

と、映画としてはいつくかクレームを申し上げたくなるが、それを打ち消すくらい主役の小川氏のまっすぐな姿に心打たれた。

結局、小川氏がいいだけ。

 

小川氏が田崎スシローにブチギレるところが印象的。これもまっすぐすぎるが故。

これは維新の候補者に出馬辞退を迫ったものを批判するものであった。

この件に関しては両親のコメントも泣きそうになった。特に農業政策を語るなら、自分でなんか作ってみろという発言を受けてちっこい大根を小川氏が作り出したエピソードなど。

さっき批判したが、ハイライトはやはり当選直後のシーン。長女のコメントで涙腺が崩壊した。「お父さんが選挙でいつも負けるたびに、社会に出ると正直者がバカを見ると思ってきた。しかし、今回、正直者の声が届いた」

 

今回も面白かった。

【雑談】吉村知事と小池百合子のジャンパーがカブっている件について

吉村知事、小池百合子のジャンパーがカブっている説。

街頭演説の時のライムグリーンのジャンパーがクリソツ。

 

f:id:narikoba:20211224214252j:image
f:id:narikoba:20211224214136j:image

 

吉村知事のインスタをよく見ると、

胸のあたりに「AEGIS」の文字を発見。

これはワークマンのもの。

イージス (AEGIS) | ワークマン公式オンラインストア

 

f:id:narikoba:20211224214654j:image
f:id:narikoba:20211224214438p:image

 

百合子のモデルもワークマンではないかと思料。

f:id:narikoba:20211224214517p:image

 

まとめると、

吉村モデル 4900円

R600 レインスーツSTRETCH Perfect | ワークマン公式オンラインストア

 

百合子モデル 3900円

H600JA 防寒レインジャケットPERFECT(パーフェクト) | ワークマン公式オンラインストア

以上、街頭演説におけるファッションチェックでした。

 

【映画】ボストン市庁舎

シネマカリテにて鑑賞。

何と4時間半もある長編のドキュメンタリー映画

値段も二千円ちょいと普通の映画に比べて高い。

2時間経ったところで途中休憩あり。

 

監督はドキュメンタリー界の巨匠というフレデリックワイズマン(初めて知った)

 

ボストン市役所の行政の現場をドキュメンタリーで抑える手法。

市長も出てきたり、麻薬企業の出店に絡む市民

への説明集会、はたまたネズミが出て困るという家への相談までさまざまな現場が登場。

 

開始時間を間違えて10分遅れて入ったのと、猛烈な眠気で最初の1時間は完全に寝てたので把握できていない部分もある。

が、基本的に物語の構成というよりも、さまざまな現場で起こる出来事を、次々と紹介する構成なのでまあ楽しめたのだと思う。

 

レビューを観ると、トランプ政権と対比した政治を行うボストン市は最高だというような紹介が多かった。

確かに対話の場面では、市民の声にきちんと耳を傾けている行政が印象的。

ただ、そこまで行政がいいのかというとわからない。

話し合いは大事だよね、くらいしか伝わってかなかった。

トランプに対して、ボストン市を理想化しすぎているきらいがある。

 

とはいえ、アメリカの行政の現場を見る機会はなかなかないので、楽しめた。

 

【サウナ体験】タイムズスパレスタ@池袋

池袋東口にあるサウナ施設。

タイムズスパレスタ。

 

 

入場料は3000円程度であり、そこそこ。

とても綺麗な施設。

カタカナが並んでいて覚えづらいが、「タイムズ」は駐車場で有名なタイムズのこと。

受付はビルの11階にあるが、そこまでの階はまさにタイムズの駐車場だったりする。

 

18時ちょっと前に入場。

サウナ室はほぼ満員だったが、並ぶということはない。

 

オートロウリュの時間は30分ごと。

うまくあたりオートロウリュも味わう。

広めのサウナ室だが、温度湿度はちょうどいい。

水風呂は18度。

いつまでも入っていられるくらい気持ちいい。

 

朝9時からやっている施設のようなので、土日の午前中とか、空いてる時間にまた訪問したい。

麻生太郎が好きな漫画「紛争でしたら八田まで」

ゴルゴ13の作者、さいとうたかをさんの訃報に触れてのコメントの中で、

「あれだけインターナショナルなものは最近『紛争でしたら八田まで』という漫画が出始めているけど。『紛争でしたら八田まで』読んでる人?1人もいないの?全然漫画を語るレベルが違うんだな。」

と「紛争でしたら八田まで」に言及。

デューク東郷の次は八田か。

 

『ゴルゴ13』に「あれだけインターナショナルな作品はなかった」麻生財務相、さいとう・たかをさんを悼む(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

サウナにハマる「天空のアジトマルシンスパ」@笹塚

サウナにハマった。

きっかけはテレビドラマ「サ道」。

笹塚駅近くにある「天空のアジト マルシンスパ」の回を見て、行きたくなった。

続きを読む

テレビがない

テレビが大好き過ぎて、依存してしまうため、家にテレビを置いていない。

テレビは危険だ。

つけていると見たくもないテレビ番組でさえ、ついダラダラと見てしまい、いつのまにか、家を出たくなくなる。

 

テレビがないと快適だ。

テレビの代わりにラジオを聴いている。TBSラジオはすごいぞ。

朝の生島ヒロシは特にすごい。あの元気はどこからくるのか。

朝からハイテンションで、最高の目覚まし時計だ。

 

健康法

不思議なくらい風邪をひかない。

むかしは小児喘息だったが、大学生の頃から風邪をひかない体質になった。

今は数年に一回しか風邪をひかない。

 

特に健康づくりを意識はしていないが、いつのまにか定着している習慣を紹介する。

 

舌を磨くこと。

昔テレビで立川談志師匠がおえってなりながら、舌を磨いていた。それに感化されて、自分でも舌を磨くようになった。

 

 

走ること。

土日だけ、それぞれ30分くらい家の周りを走る。radikoでナイツや爆笑しました問題のラジオを聴きながら、ゆるゆると走る。

 

飲むヨーグルトを飲む。

明治から出ているLG1の、飲むヨーグルト版を飲む。だいたいコンビニで、朝買って職場で飲む。

 

 

玄米食べる。

玄米を炊いて、お弁当にしている。玄米を詰めるだけの弁当。コンビニで惣菜を買って、職場でお昼に食べる。

金芽ロウカット玄米 2kg

金芽ロウカット玄米 2kg

  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

以上があまり風邪をひかない男の健康法である。

冷蔵庫はない

渋谷の1Kの賃貸マンションに暮らしているが、冷蔵庫を置いていない。

家賃は9万円だが、22平米で狭い。

食洗機を置いたところ、冷蔵庫を置くスペースがなくなってしまった。

 

特に支障はない。

というのも、食事は95%外食(富士そばが多い)で、家ではお茶を飲むくらいしか飲食をしない。

夏場は冷たい飲み物をすぐに飲めないという点は欠点に挙げられるが、家から2分のところにコンビニがあるのでそこを冷蔵庫代わりにしている。